ダイエットエステと脂肪吸引

ダイエットエステは様々な種類のものがありますが、脂肪吸引という痩身方法も耳にした事があるのではないかと思います。

 

ですが、一般的に、脂肪吸引の施術はエステサロンでは行う事ができません。これは医療行為になるので、医師免許を持った医師しか行う事が出来ません。脂肪吸引を受けたいと思った場合は美容クリニックや病院で相談するという形になります。

 

脂肪吸引は、外科的な手術になるのでエステサロンでの痩身エステよりもはるかに大変で、なおかつリスクもありますが、脂肪を取り除くには確実な方法になります。

 

エステサロンと同様に、まずはカウンセリングでどの部分の脂肪を取り除きたいか、どのような体型になりたいのか相談します。皮下脂肪なら取り除く事ができ、最近では頬や顎、二の腕やお腹周り、お尻、ふくらはぎなどあらゆる部分が可能になってきました。手術当日は、問診、麻酔と行ってから手術となります。

 

手術の方法も最近では様々なものがあり、一般的にはカニューレと呼ばれる管を入れて吸引する方法か、注射器のような器具を使って吸引する方法がとられています。

 

他にも、チューメセント法、浅層脂肪吸引法、ハイパーインフレート法、PAL法などがあります。それぞれのクリニックでやり方は違ってくるので、もし自分が行って欲しい方法があるなら前もって聞いておく事が必要です。手術の時間はそれほど長くはありません。そして術後はしばらく休んでから帰宅します。

 

特に問題がなければ日帰りでも手術は可能です。その際には、自宅でのケア方法など様々なアドバイスをもらいます。そして、定期的に検診を行い、術後の様子を見ていきます。

 

脂肪吸引を行う上でのデメリットとしては、費用が高いこと、術後しばらくは痛みや腫れがあること、麻酔を使用するのでそのトラブルがあるかもしれないことが挙げられると思います。もし、体を傷つけるのが嫌だという人は、エステサロンで切らない脂肪吸引と言われているキャビテーションのような施術を受ける事をおすすめします。