サーモシェイプとキャビテーション

ラジオ波を使って身体の内側に43度の熱をあて、代謝をよくし、脂肪を一気に流していく施術方法をサーモシェイプといいます。

 

安全な範囲内での高い温度である41度を保つことによって、血のめぐりや脂肪分解、老廃物の排出の働きが活発になります。
しかも一度その状態になると、一定期間は熱を加えなくても痩せやすい体質が続くのです。
ラジオ波を使用した一般的な施術は電流を流していましたが、サーモシェイプは電流ではなく電波を流しています。

 

そのため、高周波数のエネルギーを放出して、脂肪に直接短い時間で熱が伝わり、脂肪を溶かすことができるのです。
また、熱を加えることによってコラーゲンが作られるので、アンチエイジング効果も期待できます。

 

では、同じような施術であるキャビテーションとサーモシェイプにはどのような違いがあるのでしょうか。
キャビテーションは一度の施術で多くの効果が表れるのに対して、サーモシェイプは一度の施術で一定期間痩せやすい体質を持続させてくれます。

 

しかし、リバウンドの面からみるとキャビテーションの方が脂肪細胞の数を一気に減らしてしまうので、リバウンドの可能性は低いです。
それに比べてサーモシェイプは普通のダイエットと同じ原理で施術を行いますので、リバウンドの可能性はぐんと上がります。

 

また、セルライトを除去できるのがキャビテーションですが、体の内側にある皮下脂肪や内臓脂肪に効くのがサーモシェイプです。

 

脂肪細胞を直接刺激するキャビテーションと体の内側から温めて脂肪を燃焼させるサーモシェイプ。
自分の体質や目的によって選択してみてくださいね。